後縦隔 ganglioneuroma

CASE : 0130

症例概要

prevnext
症例紹介
年齢:69歳
性別:M
主訴:なし(胸部異常陰影)
症例説明
人間ドック検査の胸部単純X線写真で異常陰影を指摘された。特に側面像で陰影が昨年よりも増大していた。近くの病院にてCT検査を施行し縦隔腫瘍が認められ、精査・治療目的にて当センターを受診した。
人種
Asian
既往歴
肺結核
家族歴
父:糖尿病 兄:リンパ腫
喫煙
35本/日× 20才〜50才=S.I: 1050
週1回 ワイン一杯
臨床検査所見
【血液生化学検査】総蛋白: H8.7g/dl (6.3-8.3), GOT(AST): 21IU/L, GPT(ALT): 13IU/L, CRP: 0.1mg/dl
【末血検査】WBC: 5.4千/μl, RBC: L415万/μl (431-565) Hgb: L13.6g/dl (13.7-17.4), PLAT: 23.9万/μl
公開日
2009-04-30
各種コード
ACRコード:679.3162
投稿者: Hiroaki Onaya
Masahiko Kusumoto
Takahiro Hasebe
施設: National Cancer Center
国: Japan
Top