胃癌HER2検査:診断トレーニングソフト 生検編

胃癌HER2検査:診断トレーニングソフト 生検編

HER2過剰発現の確認された治癒切除不能な胃癌または胃食道接合部癌に対して、HER2タンパクに特異的に結合するトラスツズマブが分子標的薬(抗体薬)として承認されている。

HER2検査にはタンパクの発現をみる免疫組織化学(IHC)法と遺伝子の増幅をみるFISH(またはCISH/DISH)法があり、免疫組織化学法で強い細胞膜染色性を示す(IHC3+)、あるいはFISH(CISH/DISH)法で遺伝子の増幅が確認できる(シグナル比2.0以上)胃癌組織をHER2陽性と判定する。

胃癌はこれまでHER2検査が長く行われてきた乳癌に比べて組織学的多様性が強く、HER2発現も不均一なものが多いことが知られている。そのため、胃癌のHER2検査ではIHC法を先行し、弱〜中等度の染色性を示すもの(IHC2+)の場合はFISH(CISH/DISH)検査を追加することが推奨されている。染色される細胞の割合について、切除標本では10%のカットオフ値を適用するが、生検標本では5個以上の染色細胞からなる細胞集塊がひとつでもあればよいとされている。

乳癌においてはトラスツズマブの適正な症例選択のためのHER2検査の精度維持・管理の重要性がASCO/CAPガイドラインなどから強調され、教育プログラムへの参加で診断の一致率が改善されることが報告されている。胃癌においてもその重要性はかわらない。ヴァーチャルスライド(VS)を用いた胃癌HER2検査診断トレーニングソフトとして、今回は生検編を呈示したい。


このプログラムに関するご意見・ご要望に関しましては、こちらにご連絡ください。
E-mail : cir-admin@ml.res.ncc.go.jp

Top