中咽頭腫瘍2

CASE : 0241

症例概要

prevnext
症例紹介
年齢:68歳
性別:F
主訴:咽頭違和感、頸部腫瘤
人種
Asian
現病歴
約3ヶ月前、咽頭違和感が出現し近医耳鼻科に受診するも原因不明であった。症状の改善ないため、3週間前に前医受診。咽頭ファイバーで舌根部に腫瘍を認め、生検にて中咽頭癌と診断されたため、加療目的で当院紹介となる。
既往歴
乳癌にて手術
喫煙
20本 45-68歳
機会飲酒
理学的所見
左頸部に 32mm大のやや可動性不良なリンパ節を触知する。舌可動制限なし。嚥下障害なし。開口障害なし。鼻咽頭ファイバーにて舌根部に腫瘤あり。
臨床検査所見
【血液生化学検査】総蛋白: 6.6g/dl, アルブミン: L 3.8g/dl (4.0-5.2), GOT(AST): 27IU/L, GPT(ALT): 28IU/L, LDH: H 232IU/L, BUN: 22mg/dl, Cr: H 1.0mg/dl (0.4-0.7), Ccr L 52.8 ml/min
【末血検査】WBC: 5.5千/μl, RBC: 476万/μl, Hgb: 14.6g/dl, Ht: 43.7%, PLAT: 20.9万/μl
【尿検査】尿蛋白: H 3+, 尿糖: -
公開日
2010-09-30
各種コード
ACRコード:262.373
投稿者: Hirofumi Kuno
Satoshi Fujii
施設: National Cancer Center East
国: Japan
Top