肺炎像に類似する肺癌2(すりガラス状陰影)

CASE : 0340

症例概要

prevnext
症例紹介
年齢:80歳
性別:M
主訴:CT発見の肺結節(左肺上葉のすりガラス影)
人種
Asian
現病歴
不安定狭心症にて他院通院中、胸部CTで左肺上葉にすりガラス陰影を指摘され経過観察をしていた。一年間変化ないものの、肺癌を否定できないといわれ紹介受診となる。
既往歴
高血圧、狭心症、腰部脊椎管狭窄症
家族歴
父:喉頭癌、母:胃癌、祖母:胃癌
喫煙
過去喫煙 20-50歳まで、20本
週に1-2回
臨床検査所見
【血液生化学検査】アルブミン: 4.8g/dl, ALP: 188U/l, GOT(AST): 20IU/L, LDH: 148IU/L, CRP: 0.02 mg/dl
【末血検査】WBC: H 7.7千/μl (4.1-6.1), RBC: L 413万/μl (410-530), Hgb: 13.9g/dl, PLAT: 22.4万/μl
【腫瘍マーカー】CEA: 2.3ng/ml, シフラ: 0.7ng/ml, NSE: 8.2ng/ml, SCC: 0.8ng/ml, ProGRP: 50.3pg/ml
公開日
2012-03-27
各種コード
ACRコード:641.3212
投稿者: Hiroaki Onaya
Masahiko Kusumoto
Koji Tsuta
施設: National Cancer Center
国: Japan
Top