図14. t(8; 14)を示しているが、大細胞型リンパ腫と診断した例。
組織学的には免疫芽球優位である。

ウィンドウを閉じる